豆知識

  • トップ
  • フォトスポット
  • イベント
  • 豆知識
  • エリアマップ

ローズガーデンの歴史

ひらかたパークに春の風物詩をつくるため、日本のバラの第一人者である岡本勘治郎氏により、世界各国からバラを集め、1955年(昭和30年)に大バラ園が誕生しました。当時、9900㎡の大バラ園に集められた珍種のバラは2000種40000株もの数がありました。

2000年(平成12年)のリニューアルで、現在の英国風「ローズガーデン」に生まれ変わりました。現在は4つのエリアを中心に、春しか見られない原種のバラや、つるバラ、花色・花形が豊富な四季咲き性のバラなど、約600種4000株のバラが咲き誇ります。


  • ▲1950年代後半の風景

  • ▲1970年代のポスター

ひらかたパーク生まれのバラ

  • ひらかたパークで生まれたオリジナル品種もたくさんあります。広いローズガーデンの中から、ぜひ探してみてください。
  • トロピカルシャーベット
  • フジムスメ
  • ブラックティ

殿堂入りのバラ

世界バラ会連合が3年に一度開催する「世界バラ会議」において、“世界のさまざまな気候条件下でも美しく咲くことのできる強健さ”“各国の人々が認める世界レベルの美しさ”を選考基準に、毎回1~2品種だけ選ばれる、とても名誉ある称号です。ひらかたパークでは過去に選出された全品種をご覧いただけます。

ローズガーデンの楽しみ方

バラの香りを楽しみたい場合は、晴れた日で午前中の早い時間がおすすめです。気温20℃前後が一番良い香りを放ち、時には洋服にバラの香りが移るほどに。また、バラの見頃である春と秋では、同じ品種でも花の大きさや色の濃淡が異なるのも魅力の一つ。さまざまな季節や時間に訪れ、移り変わるローズガーデンをお楽しみください。

ページトップへ戻る

シェアする